江戸っ子の熱湯好き(えどっこのねっとうずき)

江戸時代の江戸の町は、大火が多く、そのたびに町の復興が必要でした。
そのため、地方からの肉体労働者が多く移り住みました。
肉体労働の後の筋肉痛には熱いお風呂にサッと入るのが良いとされていました。そこで、江戸のお風呂は、必然的に熱くなったとの事です。
  • Google Adsense 468×60



  • タグクラウド(人気のカテゴリ)

  • お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムお風呂応援隊隊長 毎川 直也コラム

    ⇒お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムをもっと見る

    銭湯リレーインタビュー銭湯リレーインタビュー

    ⇒銭湯リレーインタビューをもっと見る


    うちの内風呂うちの内風呂

    ⇒うちの内風呂をもっと見る

    お風呂・温泉トリビアお風呂・温泉トリビア

    • 湯温と効果 温度で異なる入浴効果 アツアツのお風呂が好き! ぬるいお風呂…
    • お風呂の神様 温泉の神様 日本には古くから「八百万の神」という言葉が存在し…
    • 地域別銭湯事情 関東地方の銭湯事情 東京の銭湯はお寺や神社のようないわゆる「…
    • 入浴の習慣は日本だけ? 日本の入浴 日本の入浴は以下のような特徴があります。 1. …
    • 桜湯(4月の季節湯) 薬効があるのは樹皮です。樹皮を煮出した桜湯には、消炎効果があ…

    ⇒お風呂・温泉トリビアをもっと見る


  • PR

  • ログイン

  • SNSログイン

  • 会員メニュー

  • 無料会員登録してキャラクター素材ゲット

  • メニュー

    23区銭湯

    PR

    おすすめ特集

    おすすめ特集日本お風呂温泉倶楽部のオススメ

    カピバラ湯太郎の湯の付くまちめぐり
    うちの内風呂 温泉地と歴史上の人物 お風呂・温泉用語集

    月間人気ページ

    月間人気記事

    銭湯経営者リレーインタビュー

    facebook

    お風呂温泉用語集 江戸っ子の熱湯好き

    ページトップへ