東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー

東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー

墨田区の春日通沿いを歩いていると、銭湯の電光掲示板が見えます。ふと道の奥に目をやると、時間が止まったかのようにたたずむ銭湯。荒井湯です。
レトロなたたずまいに対して、浴室の背景画には現代技術の粋を集めたあの建造物が描かれています。
そしてもはや普通のことになってしまった「銭湯の熱いお湯」の答えもうかがってきました。


「荒井湯」の歴史について教えてください。

東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー1

昭和25年5月初代がここに店を建てたよ。それ以前もここに銭湯はあったみたいだけど、戦争で焼けてしまったね。


軒下に絵が描かれていますね。

東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー2

あそこの部分だけは鉄筋で、戦争から焼け残ったんだ。
なぜあそこに絵が描かれているのかはわからないなあ。
おそらく縁起を担いでいるんだと思うよ。


荒井湯さんと言えば、背景画ですよね!

東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー3

うちの背景画には4年ほど前からスカイツリーを描いているよ。背景画の書き換えは毎回パターン化していて、男湯と女湯で交互に富士山を描いていたんだ。なにか変化をつけたいなぁ…と考えていたときにスカイツリーの話が出てきたんだね。
4年前、最初にスカイツリーを描いたときの写真があるよ。


東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー4

このときはまだ建設途中だったから、絵師のかたに完成イメージのパンフレットと、建設現場の土台を見学してもらって、イメージから描いてもらったんだ。
完成した後お客さんに「これって…スカイツリーだよね??」って、煮え切らない感じの質問をよくされたよ(笑)



イメージから作っているわけですからね(笑)背景画以外にも、浴室にたくさんのスカイツリーの写真が飾ってありますね。

東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー5

もともとはカレンダーの挿絵を浴室に貼っていたんだけど、お客さんから「おれはスカイツリーを見に行けないから、写真撮ってきてくれ」と提案を受けて、それ以来スカイツリーの写真を貼っているよ。
スカイツリーの建設が始まってからは工事の過程を、完成後は色の違うスカイツリーの写真を撮ってきているよ。


もちろんスカイツリーは荒井湯の名物だと思うのですが、個人的にベランダが大好きなんですよね~。すごく落ち着きます。

東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー6

ベランダの部分はもともと池でね、滝が流れてたんだ。ただ滝にしていてもしょうがないから、平成19年に板を張ってくつろげるように改装したよ。くつろぎの空間として喜んでもらってるね。
露天風呂にしてよ!って声も聞くけど「床からお湯が出てきたらいいよ」って話はするね(笑)


露天風呂にするのは簡単かもしれませんが、維持管理は難しそうですよね… ベランダにも脱衣場にもたくさんのメダカがいますが、魚がお好きなんですか?

東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー7

生き物が好きなんだよ。このメダカたちはもといたメダカが卵を産むことを繰り返して増えていったんだ。
浴室に動物の写真も貼ってあるでしょ。あれもカレンダーの切り抜きなんだけど、癒されるかなって思ってさ!


生き物が好きだからなんですね。動物の写真は低温浴槽に貼ってあったので、子供向けをアピールしたいのかなと思っていました。

東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー8

それもあるよ。昔は同じ温度で深い湯舟と浅い湯舟しかなかったけど、家風呂が普及して熱いお湯が苦手な人が増えた。熱い湯に慣れていない人や、子供でも入れる、ぬるめの湯舟は絶対必要だよ。
スカイツリーとぬる湯で若い人やファミリーも増えたような気がするね。


そもそも、なんで銭湯のお湯は熱いと言われるのでしょう?

東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー9


昔は濾過器がなかったから、湯舟の衛生状態を清潔に保つために水をどんどん入れ替えないといけなかった。湯舟のお湯を熱くすると、どうしても水を足すよね。その足した水の分、お湯があふれて水が入れ替わる。湯舟のお湯を入れ替えて衛生状態を保つために熱くしていたんだね。


衛生状態を保つためだったのですね。若いかたも多いという点で、番台を嫌がるかたはいないですか?

東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー10

昔はあったね。いまは女湯には暖簾をかけたり、番台の高さを下げたりして直接脱衣場や浴室は見えないようにしてあるよ。今の番台の形だとお客さんの顔が見えないから、浴室に向けた番台ではなくて、下足に向けた番台にしたほうがいいかな…なんて悩んでいるよ。


銭湯好きのかたへメッセージをお願いします。

東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー12

「遠くの温泉より近くの銭湯」!時間もお金もかからないし、家族で来るにはぴったりだよ。銭湯での「裸のつきあい」で親子の絆を太く、大切にしてほしい。
来てもらうためにも親子ふれあい入浴や子供たち向けに入り方をレクチャーする浴育を実施していきたい。銭湯のよさを、来て知ってもらいたいな!


風呂デューサーの取材メモ

東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー18

荒井湯は眺望の銭湯です。入る時に懸魚部分の絵を眺め、浴室でスカイツリーを眺め、ぬる湯でかわいい動物の写真を眺め、ベランダでのんびりしながらメダカ、鯉を眺める。
都会での生活、なかなか「眺める」という行為をしないですよね。ものを眺めてみると意外にも平穏な時間であることに気づかされます。
(記者:風呂デューサー 毎川直也)


【東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」】

住所:東京都墨田区本所2-8-7
TEL:03-3622-0740
最寄駅:都営浅草線 本所吾妻橋 徒歩10分
営業時間:15:30~24:00
定休日:6、16、26日 (日曜、祝日、金曜は翌日休)
設備等:コインランドリ / 駐車場 / 薬湯 /
東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」の取材記事はこちら

  • Google Adsense 468×60



  • タグクラウド(人気のカテゴリ)

  • お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムお風呂応援隊隊長 毎川 直也コラム

    ⇒お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムをもっと見る

    銭湯リレーインタビュー銭湯リレーインタビュー

    ⇒銭湯リレーインタビューをもっと見る


    うちの内風呂うちの内風呂

    ⇒うちの内風呂をもっと見る

    お風呂・温泉トリビアお風呂・温泉トリビア

    ⇒お風呂・温泉トリビアをもっと見る


  • PR

  • ログイン

  • SNSログイン

  • 会員メニュー

  • 無料会員登録してキャラクター素材ゲット

  • メニュー

    23区銭湯

    PR

    おすすめ特集

    おすすめ特集日本お風呂温泉倶楽部のオススメ

    カピバラ湯太郎の湯の付くまちめぐり
    うちの内風呂 温泉地と歴史上の人物 お風呂・温泉用語集

    月間人気ページ

    月間人気記事

    銭湯経営者リレーインタビュー

    facebook

    東京都墨田区本所の銭湯「荒井湯(あらいゆ)」本田義勝さんインタビュー

    ページトップへ