東京都八王子市小門町の銭湯「松の湯(まつのゆ)」小嶋誠さんインタビュー

東京都八王子市小門町の銭湯「松の湯(まつのゆ)」小嶋誠さんインタビュー

八王子市には現在3軒の銭湯があります。全盛期は25軒を数えました。
郊外のスーパー銭湯の増加、内風呂の増加、無料公的浴場の登場など、減少の要因は様々です。
今回お邪魔した松の湯は、「お客様に感謝する」というご主人の考え方のもと、銭湯だからできることを最大限実施しているお風呂屋さんです。


「松の湯」の初代の生まれとお店の歴史を教えてください。

東京都八王子市小門町の銭湯「松の湯(まつのゆ)」小嶋誠さんインタビュー1

松の湯の初代の生まれは新潟県、燕市です。
この地にできてから60年の歴史があります。
昭和64年に番台からロビーに改装、平成9年には天井を持ち上げて梁の取り換え、露天風呂、休憩室の設置と大規模な改修工事をおこない、現在のかたちになっています。その時の改修工事では、自分自身で図面を引き、設計したんですよ。



ご自身の理想の銭湯を設計したのですね。ご主人はどうして銭湯で働くようになったのですか?

東京都八王子市小門町の銭湯「松の湯(まつのゆ)」小嶋誠さんインタビュー2

埼玉県春日部市、庄和町にあった庄和湯という銭湯で、16年間学生をしながら銭湯の手伝いをしていました。卒業後は警察官になったのですが、親戚の銭湯を手伝うことになって、昭和43年から松の湯に来ました。一生警察官として勤めるつもりでいたので、銭湯を経営するとは思っていなかったですよ(笑)



警察官から風呂屋へ転身されたのですね。この地で営業されて思う、松の湯の特徴はなんでしょうか。

くつろげる空間をつくりたい、という思いで日々営業しています。例えば、女湯では窓の外に花を飾っています。これはなるべく季節の花を飾って、日々の季節の変化を感じ取ってもらいたいという思いからです。屋上のベランダでは飾るための植物を育てています。ほかにも休憩室、露天風呂もくつろげる空間としてつくりました。



先日私が入りに来た際にも、休憩室はとても人気でした。くつろげる空間としてお客さんから好評みたいですよ。

東東京都八王子市小門町の銭湯「松の湯(まつのゆ)」小嶋誠さんインタビュー4

東東京都八王子市小門町の銭湯「松の湯(まつのゆ)」小嶋誠さんインタビュー5

嬉しいですね。
脱衣所にイスを置いただけだと人の出入りがありますので、本当の意味でくつろげないと思うんですよ。
加えて、一時的に施設内全面禁煙にしたことがあったのですが、喫煙者の権利を奪ってしまうのもどうかと思い、喫煙所としての機能も持っています。
写真は上が女湯、下が男湯の休憩室ですね。

露天風呂はすごく雰囲気がいいですよね。旅館のような、重厚な雰囲気を感じます。

東京都八王子市小門町の銭湯「松の湯(まつのゆ)」小嶋誠さんインタビュー6

改装にあたっていろいろな施設を見学して「山のなかの温泉」というイメージでつくりました。露天風呂では薬湯をおこなっています。
写真は女湯の露天風呂です。こちらは仕切りの向こうがすぐ道路になっていますが、「向こう側がすぐ道路なんて信じられない!」という言葉をよくいただきます。



他にも意識しているところはありますか?

東京都八王子市小門町の銭湯「松の湯(まつのゆ)」小嶋誠さんインタビュー7

浴室は全体的に白を基調につくっています。汚れが目立つ色ではあるのですが、あえて白をつかって照明を明るくすることで、広さを感じられるようにしています。そのぶん掃除も頑張っていますよ!


話は変わりますが、八王子の銭湯は23区とはまた状況が違うと思います。これが特徴だと思うところを教えていただけますか?

東京都八王子市小門町の銭湯「松の湯(まつのゆ)」小嶋誠さんインタビュー8

全盛期八王子市には銭湯が25軒ありました。今では3軒に減っています。だからといって銭湯が必要ないというわけではないんです。スーパー銭湯は郊外に位置していることが多いですので、車を運転できなくなったかたは歩いて行ける銭湯に行くしかありません。そして銭湯だからこそのおしゃべりができたり、そこでの人間関係というものも、銭湯でしかできないことです。

銭湯の軒数は減ってしまっても、担う役割は変わらない、ということですね。最後に読んでくださっているかたにメッセージをお願いします。

東京都八王子市小門町の銭湯「松の湯(まつのゆ)」小嶋誠さんインタビュー9

昔は「隣の人にお湯がかからないように」「他の人のために湯舟を汚さないように」という「思いやり」を学ぶ場として銭湯が一役買っていました。日本人独自の学びを小さいころから経験してほしいです。子供を育てるご両親へのサービスも拡充していきたいと思っています。
八王子市では毎月5日は小学生が無料、5月5日、柚子湯の日は子供とその両親も入浴料金が無料になります。子供は学び場として、ご両親は教える場として、銭湯に来てください!


風呂デューサーの取材メモ

銭湯でしかできないこと、今回の取材のなかで出てきたことが全てではないはずです。みなさんが過ごす銭湯ならではの時間をきいてみるのも非常に興味深いなぁと思いました。
お子さんを持つご両親は、ぜひ一度お子さんと銭湯を経験してみてくださいね。
(記者:風呂デューサー 毎川直也)


【東京都八王子市小門町の銭湯「松の湯(まつのゆ)」】

住所:東京都八王子市小門町20
TEL:042-622-5356
最寄駅:中央本線八王子駅
営業時間:14:00~24:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日休み) 第1週のみ月・火連休
設備等:コインランドリ / 駐車場 / 薬湯 / サウナ / 露天風呂 /
東京都八王子市小門町の銭湯「松の湯(まつのゆ)」の取材記事はこちら

  • Google Adsense 468×60



  • タグクラウド(人気のカテゴリ)

  • お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムお風呂応援隊隊長 毎川 直也コラム

    ⇒お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムをもっと見る

    銭湯リレーインタビュー銭湯リレーインタビュー

    ⇒銭湯リレーインタビューをもっと見る


    うちの内風呂うちの内風呂

    ⇒うちの内風呂をもっと見る

    お風呂・温泉トリビアお風呂・温泉トリビア

    ⇒お風呂・温泉トリビアをもっと見る


  • PR

  • ログイン

  • SNSログイン

  • 会員メニュー

  • 無料会員登録してキャラクター素材ゲット

  • メニュー

    23区銭湯

    PR

    おすすめ特集

    おすすめ特集日本お風呂温泉倶楽部のオススメ

    カピバラ湯太郎の湯の付くまちめぐり
    うちの内風呂 温泉地と歴史上の人物 お風呂・温泉用語集

    月間人気ページ

    月間人気記事

    銭湯経営者リレーインタビュー

    facebook

    東京都八王子市小門町の銭湯「松の湯(まつのゆ)」小嶋誠さんインタビュー

    ページトップへ