東京都杉並区高円寺北の銭湯「小杉湯(こすぎゆ)」平松茂さんインタビュー

東京都杉並区高円寺北の銭湯「小杉湯(こすぎゆ)」平松茂さんインタビュー

高円寺というとライブハウスが多い、若者と音楽の街というイメージが強いかもしれません。
その一方で、活気ある商店街が残っており、日々の暮らしには困らないような生活しやすい街でもあります。
そんな高円寺にある小杉湯には、古きを守りながらも様々なイベントを催し、現代を生き抜く銭湯の秘策がありました。

今回は銭湯ピラティスの指導をされている、鳥海真央さんと合同のインタビューとなりました。本インタビューにも鳥海さんにご登場いただいています。


「小杉湯」の歴史を教えてください。

東京都杉並区高円寺北の銭湯「小杉湯(こすぎゆ)」平松茂さんインタビュー1

昭和8年にこの地に銭湯ができたと聞いています。それを初代である私の父が、昭和28年に取得しました。
今まで銭湯での仕事を経験していたわけではないので、大田区で風呂屋をやっていた親戚にいろいろと教えてもらいながら実践経験を積んでいったようですね。


2代目なのですね。お店の風格がすごく出ているので、非常に長い歴史を感じました。

東京都杉並区高円寺北の銭湯「小杉湯(こすぎゆ)」平松茂さんインタビュー2

建物自体は木造建築で、築80年近くたっていますのでね。補修をしながらやっています。一番のコツは日々様子を確認して、手入れを怠らないことですね。
従業員さんも自主的に汚れているところは掃除をしてくれます。おかげできれいなお店を維持できています。



日々の確認が大切なのですね。そのなかで私が立派だと思ったのは、軒先の懸魚(げぎょ)です。

東京都杉並区高円寺北の銭湯「小杉湯(こすぎゆ)」平松茂さんインタビュー3

この懸魚も昔からずっとあるものを飾っています。この懸魚はTシャツと暖簾にもなっています。
外国人のお客さんからは特に人気が高いです。



入ってみて目に飛び込んでくるのはこのロビーです。おしゃれですよね。

東京都杉並区高円寺北の銭湯「小杉湯(こすぎゆ)」平松茂さんインタビュー4

ここは銭湯ギャラリーと呼んでいます。もともと待合室で、そこに私の妻が描いた絵を飾っていました。10年前に改装したさいに、設計したかたの提案で、スペースを広げてギャラリーにしました。
今は飾りたいかたに、一か月間、無料で場所を貸し出しています。ただ3年後までもう予約でいっぱいですよ(笑)
牛乳を飲みながらみなさんのんびり過ごされていますね。



3年ですか(笑)人気の美術館ですね!牛乳と言えば、こちらではミルク風呂がありますよね。

東京都杉並区高円寺北の銭湯「小杉湯(こすぎゆ)」平松茂さんインタビュー5

ミルク風呂は父のアイディアで20年ほど前からやっていますね。昔は本物の牛乳をいれていました。時間の経過で感触やにおいが変わってくるのでいろいろと試行錯誤しました。

使っている水も特徴があるそうですが、どんな水なのでしょう?

東京都杉並区高円寺北の銭湯「小杉湯(こすぎゆ)」平松茂さんインタビュー6

90mの深井戸からくみ上げた水を、自然回帰水という水に変える浄水器を通しています。女性はすぐ違いに気づいたようで、髪の色落ちがしなくなった、パーマが長続きするようになったというお声をいただきました。フロントの向かいでは飲用として、無料で提供しています。専用のボトルを買っていただくとお持ち帰りもできます。

(鳥海さん)この水は本当に人気で、肌にしみこむ感じがするんですよね~。女湯は水風呂に渋滞ができるほどですよ。



水風呂単独でそこまでの人気が出ているのは本当にいいからなんでしょうね。他になにか独自のものはありますか?

東京都杉並区高円寺北の銭湯「小杉湯(こすぎゆ)」平松茂さんインタビュー7

(鳥海さん)平松さん、そういえばコインランドリーの話はいいの?かなり昔からコインランドリーがあって、今と違うところがあったんだよね?



ああ、そうです。昭和42年ごろ、このあたりには池があり、脱衣場から池が見えていたんです。それを見ながらのんびりしてもらおうと思って、洗濯機を併設しました。当時は番台で洗濯料金をもらうかたちをとっていました。

最後になりますが、さまざまな新しいことにチャレンジされていますよね。それをご紹介いただけますか?

東京都杉並区高円寺北の銭湯「小杉湯(こすぎゆ)」平松茂さんインタビュー8

最近は携帯のアプリで「小杉湯詣で」という、GPSで小杉湯に決まった時間滞在するとスタンプがもらえて、たまるとコーヒー牛乳をプレゼントしたりしています。
あとは店開け前、お休みの日のイベントですね。鳥海さんのピラティスだけでなく、防災ワークショップやコーラス、テルマエ寄席、クラブ小杉湯などやってきました。小杉湯のホームページで随時お知らせしますので、お湯のない銭湯でもあったまっていってほしいです。

風呂デューサーの取材メモ

残すものはしっかりと残して、地域の人々にも最大限活用してもらう。現代の流れをうまく反映した銭湯の姿だと感じました。ひとつの銭湯で携帯アプリをつくる…その発想がなかったです!

※懸魚は「げぎょ」と読み、縁起物が彫られていることが多い。火の気を扱う銭湯という職種がら、水と関係があり、お客さん来い来いということで鯉が彫られているケースもある。
(記者:風呂デューサー 毎川直也)


東京都杉並区高円寺北の銭湯「小杉湯」
住所:東京都杉並区高円寺北3-32-2
TEL:03-3337-6198
最寄駅:中央線 高円寺 徒歩3分
営業時間:15:30~25:45
定休日:木曜
設備:コインランドリ / 駐車場 / 薬湯 /

東京都杉並区高円寺北の銭湯「小杉湯」の取材記事はこちら

Links

「小杉湯」
「小杉湯」の公式ホームページです。
「高円寺の美肌銭湯 ミルク風呂と自然回帰水の小杉湯:平松」
「小杉湯」のブログです。
  • Google Adsense 468×60



  • タグクラウド(人気のカテゴリ)

  • お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムお風呂応援隊隊長 毎川 直也コラム

    ⇒お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムをもっと見る

    銭湯リレーインタビュー銭湯リレーインタビュー

    ⇒銭湯リレーインタビューをもっと見る


    うちの内風呂うちの内風呂

    ⇒うちの内風呂をもっと見る

    お風呂・温泉トリビアお風呂・温泉トリビア

    ⇒お風呂・温泉トリビアをもっと見る


  • PR

  • ログイン

  • SNSログイン

  • 会員メニュー

  • 無料会員登録してキャラクター素材ゲット

  • メニュー

    23区銭湯

    PR

    おすすめ特集

    おすすめ特集日本お風呂温泉倶楽部のオススメ

    カピバラ湯太郎の湯の付くまちめぐり
    うちの内風呂 温泉地と歴史上の人物 お風呂・温泉用語集

    月間人気ページ

    月間人気記事

    銭湯経営者リレーインタビュー

    facebook

    東京都杉並区高円寺北の銭湯「小杉湯(こすぎゆ)」平松茂さんインタビュー

    ページトップへ