台東区の銭湯「日の出湯」田村祐一さんインタビュー

台東区の銭湯「日の出湯」田村祐一さんインタビュー

台東区元浅草にある「日の出湯」の12代目、田村祐一さんに話を伺ってきました。
田村さんは「第二日の出湯」の田村純一さんの息子さんで四代目に当たられます。
「第二日の出湯」の田村純一さんのインタビュー記事はこちら
上野公園からも近く、合羽橋や浅草寺も近く東京スカイツリーも間近に見える絶好のロケーションにある日の出湯さん。
銭湯ランナーを受け入れたり、ご自身で銭湯経営再建のためのWEBマガジンを立ち上げるなど精力的に活動しつつも、気負わずに銭湯を経営されているお湯ニストです。

日の出湯さんの成り立ちを教えてください。

台東区の銭湯「日の出湯」インタビュー1

創業は明治の初期と言われています。
記録はないんですが、私の曾祖母が買い取ったときに7代目だったらしいんです。
ぼくが生まれたと同時に曾祖母が亡くなっているのでその頃のことは良く分からないんですが、その後は祖父、父と継いでいきました。蒲田の第二日の出湯に引っ越ししてからは祖母の親戚に任せていました。
1999年か2000年の3月に元々木造だった銭湯を今のマンション型に立て替えしました。その時に、父の友人が引き継いでやってもらい、2012年の5月に私たち夫婦が引き継ぎました。そうなると、私が12代目になります。

日の出湯さんの客層は?

ほとんど地元の方が多いですね。

1日のスケジュールを教えてください

9時ぐらいに起きて色々お店の準備を始めて火を入れます。15時にお店が開きますのでそのあとは店番ですね。店番はたまに入れ替わったりしますがほとんど私一人でやっています。食事もフロントで食べてしまいます。お店が24時までですので、その間はお客さんの相手したりとか本読んだりとかインターネットしたりして過ごしています。閉店後、掃除をして自分がお風呂に入って、夜中3時頃就寝しています。

銭湯をやっていて大変なことは何ですか?

台東区の銭湯「日の出湯」インタビュー2

そんなにないですけど、強いて挙げれば、自分の時間が取れないことが大変ですかね。

あとは、コインランドリーで、洗濯物を大量に持ってきて長時間占拠しちゃったお客様がいて、他のお客様と揉めていたことがあったのですが、その時仲裁をするのが大変でした。

逆に銭湯をやっていて楽しいことを教えてください

お客様に「ありがとう」と言われると嬉しいですね。

時間も長いし給料も安いし、悪いところをあげればきりがないですが、その一言ですべて報われる気がします。

蒲田にいたころ、「蒲田銭湯部」を立ち上げてましたがその後は活動されていますか?

台東区の銭湯「日の出湯」インタビュー3

今は完全に休部状態です。廃部かな?(笑)
サークルのようにメンバーが決まっているものではなく、各イベントに来てくれた人がみんな銭湯部員でした。銭湯好きの人など若い人が多かったですね。

銭湯部でやったイベントは、夏はかき氷、流しそうめん、冬は焼き芋、餅つき、おでんもやりましたね。男湯と女湯で壁を挟んでバトミントン大会もやりました。

一番人気があったのは流しそうめんです。第二日の出湯のペンキ絵が富士山の絵だったので、そこからそうめんを流してみんなで食べたんですが、銭湯研究家の町田忍さんもいらっしゃったんです。韓国人の方とか台湾の方とかもいらっしゃって、流しそうめんなんて、今までやったことなかったみたいで喜んでいただけました。
日の出湯の方でもたまにかき氷を作ってお客さんにふるまったり、出来る範囲でイベントを開催しています。

お休みの日は何をされていますか?

台東区の銭湯「日の出湯」インタビュー4

お休みの日も情報を仕入れに行ったりとか、色々な作業に追われたり、結局仕事をしているようなものですね。(笑)

家が銭湯屋じゃなかったらやりたかったことはありますか?

ないですね。
あったらとっくに辞めてると思います。(笑)

稼業を継ぐのも比較的すんなりと継ぎました。大学を卒業してからすぐに継ぐのは珍しいケースだと思います。あの頃は何にも考えてなかったんでしょうね。私みたいな人はあまりいないと思います。(笑)

露天風呂や檜風呂を維持するのに大変なことはありますか?

台東区の銭湯「日の出湯」インタビュー5

露天はそんなに大変なことはありませんが、檜風呂が大変ですね。
タイルとは違って洗剤をかけるわけにもいかないし、ぬめりも出るので掃除が大変なんです。
露天風呂や檜風呂は父が作ったんですが、日の出湯のように狭い銭湯でも何か魅力があるものを作れないかと考えたんだと思うんです。蒲田で露天風呂を作ったら喜ばれたので、こちらのお客さんにも喜んでもらいたいと思ったのではないでしょうか。
檜風呂なんてベンツ2台買える値段だったって言っていましたよ!(笑)やはり贅沢な気分になりますし、タイルの浴槽と違ってお湯が柔らかく感じるとお客さんに喜ばれていて作った甲斐がありました。

日の出湯の今後のイベントなどあれば教えてください

3月14日にホワイトデー特別企画として18時~21時の間、ヘッドマッサージ歴16年のプロのマッサージ師に来ていただいて、ヘッドスパを行うことになりました。フロントで予約を受け付けていますので、日頃の疲れを取っていただければと思います。
後は、私がパソコンなどの家電が好きで、自分でホームページも作っているのですが、高齢者の方向けに、パソコン教室が出来ればいいな~と考えています。

日の出湯は入口がマンションの1階部分にあるので、銭湯だということがまったく気づかれないので、もう少し看板を付けるなどして外観を変えたいなと思っています。たくさんの人に日の出湯に来ていただいて、銭湯の良さを知ってもらえれば嬉しいです。

【日の出湯】
住所:東京都台東区元浅草2-10-5
TEL:03-3841-0969
最寄駅:上野、稲荷町、新御徒町
営業時間:15:00~24:00
定休日:水曜日
設備等:コインランドリ / サウナ / 露天風呂 /

台東区元浅草の銭湯「日の出湯」の取材記事はこちら

Links

日の出湯
「日の出湯」の公式サイトです。
SAVE THE 銭湯!
田村さんが主宰する、銭湯の未来を考えるWEBマガジンです。
大田黒湯温泉 第二日の出湯
田村さんのお父様がやられている「大田黒湯温泉 第二日の出湯」の公式サイトです。
  • Google Adsense 468×60



  • タグクラウド(人気のカテゴリ)

  • お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムお風呂応援隊隊長 毎川 直也コラム

    ⇒お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムをもっと見る

    銭湯リレーインタビュー銭湯リレーインタビュー

    ⇒銭湯リレーインタビューをもっと見る


    うちの内風呂うちの内風呂

    ⇒うちの内風呂をもっと見る

    お風呂・温泉トリビアお風呂・温泉トリビア

    • 美人の湯とは 日本三大美人の湯 日本には美人の湯と言われる温泉がたくさんあ…
    • お風呂の語源 「風呂」はなぜ「風」「呂」なの? 「風呂」という言葉、とても…
    • 銭湯とフルーツ牛乳 フルーツ牛乳とは フルーツ牛乳とはバナナ、マンゴー、みかん、…
    • 日本三大源泉数 日本で源泉数の多い三大温泉は 別府温泉(大分県)、由布院温泉…
    • お風呂の神様 温泉の神様 日本には古くから「八百万の神」という言葉が存在し…

    ⇒お風呂・温泉トリビアをもっと見る


  • PR

  • ログイン

  • SNSログイン

  • 会員メニュー

  • 無料会員登録してキャラクター素材ゲット

  • メニュー

    23区銭湯

    PR

    おすすめ特集

    おすすめ特集日本お風呂温泉倶楽部のオススメ

    カピバラ湯太郎の湯の付くまちめぐり
    うちの内風呂 温泉地と歴史上の人物 お風呂・温泉用語集

    月間人気ページ

    月間人気記事

    銭湯経営者リレーインタビュー

    facebook

    台東区の銭湯「日の出湯」インタビュー

    ページトップへ