東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー

荻窪に名前がローマ字の銭湯を発見しました。その名も「GOKURAKUYA」。
敷地は小さいですが、安価なサウナにおしゃれな桶椅子、シルクバスを完備しています。
深夜2時まで営業しており、深夜の銭湯のお話や、ローマ字表記の理由を伺ってきました。


「GOKURAKUYA」のお店の歴史を教えてください。

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー1

初代は新潟県、小千谷市の生まれで、大正の終わり頃にここにあった銭湯を借りて営業を始めました。二代目もずっとここで銭湯を経営し、私で三代目です。
平成元年に改装し、今の建物になりました。屋号もそのときにGOKURKUYAに変更しました。


ローマ字表記の屋号…初めてです。

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー2

深い意味はないですよ(笑)
ローマ字の屋号はどこもやってないだろうという感覚で。
もともとは「妙法湯」という名前で、昔ながらの銭湯でしたよ。



常連のお客さんは突然GOKURAKUYAになって驚いたのではないですか?

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー3

普段と変わらなかったですねぇ…看板が前と変わったな、くらいは感じてもらえたようです。
一般の人は風呂屋があるっていう認識で、屋号はそんなに注目しないんですかね。
風呂屋といえばですが、毎川さんは「風呂屋」っていう?「銭湯」っていう?



450円の風呂屋を銭湯、そのほかのスーパー銭湯、健康ランドなど全てひっくるめたものを風呂屋と言っています。

そうなんだ。俺たちはみんな風呂屋で、銭湯って呼んでいる人は誰もいなかったよ。
区分けが必要になってきてるんだね。


風呂屋も多様化してきましたからね…GOKURAKUYAさんの特徴といえば何になるでしょうか。

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー4

特徴…なんだろうなぁ…シルクバスですね。
細かい泡で湯船が白く見える湯船です。シルクバスって、電気風呂やジェットバスみたいに入って物理的な感覚があるわけではないんだけど、なんだかいい気持ちがするみたいですね。
女性からはすぐリアクションがあって、じわじわと男性側でも気に入ってくれるお客さんが増えてきています。

女性の方が感覚的なものに敏感だと言いますよね。浴室の椅子、桶もカラフルで特徴的だと思います。

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー5

スタイリッシュでカラフルなものをネットで探しました。おしゃれなものってだいたい家庭用だから、重ねて保管できるものがないんだよね。意識してこのデザインのものを選びました。



サウナはどうでしょうか。かなり安いですし、周辺に銭湯がないので重宝されそうです。

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー6

うちは入浴料金プラス200円でサウナが利用できます。安いんですかね? 値段に関しては二代目の値段設定をそのまま引き継いでいます。サウナは入浴を楽しんでもらうための一つの設備という感覚が強いですね。土日は混み合う時間もあります。


サウナ単体ではなく、風呂全体を盛り上げるひとつ、ということですね。盛り上げるといえばですが、2階にカラオケスタジオがあるという話を聞きました。

2〜3年前まで多目的スペースのような形で開放していました。今はもうやっていないんですよ。カラオケがあって、地元のおばちゃん達はよく使ってくれてましたよ。少し前までは足裏のリフレクソロジーをやったりもしてましたが、今は特に何もやっていないですね。銭湯と直接関わりがないことと組み合わせて活用していきたいです。

閉店時間も遅めですよね。夜遅くにお客さんは来るんですか?

東京都杉並区西荻南の銭湯「天狗湯(てんぐゆ)」澤成一さんインタビュー7

来ますよ。むしろ深夜1時は混みますね。仕事帰りの人はもちろん、若者グループなんかもよく見ますね。一日の終わりの時間だから、寝る前に風呂入ろうっていう感覚なんだと思いますよ。


お休みの日は何をされていますか?

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー8

なるべく外に出かけるようにします。この仕事は基本的に外出できないので、意識して外の空気に触れないとなぁ、と思っています。


そうなんですよね。のんびり外出ってなかなかできないんです。最近はどちらにいかれましたか?

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー9

…そうだなぁ…どこも行ってないね。最近風邪気味だしさ!(笑)
外の空気に触れたいなぁって願望はね、すごくあるんだよ(笑)


風呂デューサーの取材メモ

面積としては小さい、まちの銭湯という印象の銭湯でした。「さまざまな設備は入浴を楽しんでもらうため」という考え方は銭湯の原点のように感じました。
2階の多目的スペースの動向に注目です。
(記者:風呂デューサー 毎川直也)


2014年4月に店内一部リニューアルしました。

2014年4月に店内一部リニューアルしました。ポイントは「女性に優しく」です。



フロント

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー5


フロントがすっきりしました。



うさぎ

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー5


フロントの後部の棚にはうさぎが住んでいます。



女性の脱衣場にある洗面台もきれいになりました。

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー5


ハンドソープ、コットンを設置しています。



そしてトイレを和式から様式へ変更!

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー5


お年寄りでも使いやすいトイレになりました。

篠田さん「女性に来てもらいたいという意識で改装しました。脱衣場のものも整理して広々と使える空間になったと思います。」

もちろん男性側の洗面台やトイレも改装されています。リニューアルされたGOKURAKUYAを体験してみてください!


東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」

住所:東京都杉並区上荻2-40-14
TEL:03-3399-0276
最寄駅:中央線 荻窪 徒歩7分
営業時間:16:00~26:00
定休日:火曜
設備:コインランドリ / サウナ

東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」の取材記事はこちら

Links

銭湯GOKURAKUYA
「GOKURAKUYA」の公式ホームーページです。
  • Google Adsense 468×60



  • タグクラウド(人気のカテゴリ)

  • お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムお風呂応援隊隊長 毎川 直也コラム

    ⇒お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムをもっと見る

    銭湯リレーインタビュー銭湯リレーインタビュー

    ⇒銭湯リレーインタビューをもっと見る


    うちの内風呂うちの内風呂

    ⇒うちの内風呂をもっと見る

    お風呂・温泉トリビアお風呂・温泉トリビア

    ⇒お風呂・温泉トリビアをもっと見る


  • PR

  • ログイン

  • SNSログイン

  • 会員メニュー

  • 無料会員登録してキャラクター素材ゲット

  • メニュー

    23区銭湯

    PR

    おすすめ特集

    おすすめ特集日本お風呂温泉倶楽部のオススメ

    カピバラ湯太郎の湯の付くまちめぐり
    うちの内風呂 温泉地と歴史上の人物 お風呂・温泉用語集

    月間人気ページ

    月間人気記事

    銭湯経営者リレーインタビュー

    facebook

    東京都杉並区上荻の銭湯「GOKURAKUYA」 篠田明紀さんインタビュー

    ページトップへ