お風呂温泉応援隊長のコラム「桃湯をやってみた 後編」

お風呂温泉応援隊長のコラム「桃湯をやってみた 後編」

7月の季節湯「桃湯」実践編!

7月の季節湯「桃湯」をやってみました。
今回はその実践編です。

お風呂温泉応援隊長のコラム「桃湯をやってみた 前編」はこちら

前編で桃の葉の調達をしに山梨の農家さんを訪れ、葉っぱを切り取りました。

後編は実践編。桃の葉の煮出しから実施、湯舟の片づけまでおこないます。

基本編

???????????????????????????????

前編で用意した桃の葉を水洗いします。
季節湯をやるうえで、素材を問わず水洗いは必須です。


???????????????????????????????

煮出します。沸騰した鍋に投入します。
※とりあえず煮出すでしょ、みたいな安易な感じで煮出しています。より良い方法はあるかもしれません。

???????????????????????????????
前回のどくだみ湯よりちょっと長めに、4~5分煮込んでみました。
ざるに移して出汁をとります。

???????????????????????????????
かなり濃いめに出汁が取れました。
この時点で草っぽいにおいがします。
桃のにおいも少ししますね。

???????????????????????????????
湯舟に投入します。
若干濁りがうつっています。

???????????????????????????????
浸かります。ほんのり桃のにおいですが「柏餅のにおいだ!」と思いました。
薬湯をしているなぁという感じは強いです。

???????????????????????????????
葉っぱに効能が秘められているのであれば、葉っぱで肌をゴシゴシすると効きそう!ということでやってみました。
一回だけでは特になんともありませんでした。薄いので、巻き込んでぐるぐるになりがちです。


応用編

???????????????????????????????
桃と言えばやはりあのフルーティな香り、ほのかな甘さです。
従来の薬湯は桃の葉の効能だけで、誰もが連想する「桃らしさ」の活用を忘れています。
その忘れ去られた桃らしさを楽しむため…果肉を投入します!

???????????????????????????????
桃をてきとうにカットします。今回は4当分でいきました。
カットしたサイズが大きければ、湯舟に果肉が残りにくいです。

???????????????????????????????
湯舟に投入します。
湯舟の底で舞う桃。
本邦初公開っぽい写真です。

???????????????????????????????
もともと桃っぽいにおいはありましたが、果肉を投入するとより甘く、フルーティな香りになります。
それでも足りないかたには直嗅ぎをオススメします。
桃の果汁によるべたべたした肌触りというものは、この分量では感じません。

???????????????????????????????
浴後は多少桃の果肉が湯船に残ります。
細かく刻み過ぎると排水溝のつまり等につながるかもしれません。
布袋等に入れたほうがベターですね。

???????????????????????????????
桃の葉も若干湯舟に残りました。
今回は桃の葉をざるで濾しているので、そこを通過した葉の破片が湯舟に入り込んだのでしょう。

???????????????????????????????
とはいえ、シャワーでざっと流し…

???????????????????????????????
いつも通りの掃除をすれば特に問題はないですね。
湯舟がすごく汚れるということはありませんでした。
果肉の成分でべたべたした感じもありません。


総括

・素材入手
いままでのどくだみ、菖蒲と比べると素材入手の難しさを感じました。
八百屋に桃の葉ってあるのでしょうか、収穫の仕方を考えると葉っぱごと出荷する意味はない気がしますね。
今回私がおこなったように農家さんにかけあうしかなさそうです。
また、桃の葉はとりすぎると翌年の桃の生育に影響してくるそうです。必ず許可を得て葉っぱをいただきましょう。

・伝説となった効能
桃農家さんに伝わる「あせも」への効能。さすがに一度体験しただけではわからないですね…
これが桃湯の最大の効能のようですので、あせもにお悩みのかた…ぜひ試していただき、通説をホンモノにしてほしいです!医学的な根拠はありませんが、私は信じていますよ!!

・現代版の新効能を発見
従来桃の葉でしかおこなわれていなかった桃湯。果肉を投入することでさらに香り高く、楽しい入浴ができることを発見しました!
手に入れやすさを考えると果肉をつかったほうが楽だし、色合いや香りを楽しめるので、一度のバスタイムを楽しみたいということであればこちらをオススメします。

次回は8月。薄荷湯です。

お風呂温泉倶楽部トリビア「季節湯」のページはこちら

(2014年8月11日更新)
  • Google Adsense 468×60



  • タグクラウド(人気のカテゴリ)

  • お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムお風呂応援隊隊長 毎川 直也コラム

    ⇒お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムをもっと見る

    銭湯リレーインタビュー銭湯リレーインタビュー

    ⇒銭湯リレーインタビューをもっと見る


    うちの内風呂うちの内風呂

    ⇒うちの内風呂をもっと見る

    お風呂・温泉トリビアお風呂・温泉トリビア

    ⇒お風呂・温泉トリビアをもっと見る


  • PR

  • ログイン

  • SNSログイン

  • 会員メニュー

  • 無料会員登録してキャラクター素材ゲット

  • メニュー

    お湯ニストご紹介

    毎川 直也

    毎川 直也

    (まいかわなおや)

    風呂デューサー


    某スーパー銭湯のオープニングスタッフ、老舗銭湯の番頭、温泉旅館で湯守を経験し、いっぽうで温泉ライターとして各地の温泉宿、銭湯を取材し記事を執筆してきた。
    仕事だけでなく、趣味で北海道の温泉を約2週間車中泊で旅し、都内の銭湯100軒に入湯。 日本で唯一の風呂デューサー。

    23区銭湯

    PR

    おすすめ特集

    おすすめ特集日本お風呂温泉倶楽部のオススメ

    カピバラ湯太郎の湯の付くまちめぐり
    うちの内風呂 温泉地と歴史上の人物 お風呂・温泉用語集

    月間人気ページ

    月間人気記事

    銭湯経営者リレーインタビュー

    facebook

    お風呂温泉応援隊長のコラム「桃湯をやってみた 後編」

    ページトップへ