温泉と浴衣

浴衣とは

日本ならではの浴衣を着て、日本ならではの温泉街を情緒豊かに楽しみましょう
浴衣とは和服の一種です。
和服の中で最も単純で基本的な構造になっており、長襦袢などを着ずに素肌に着るのが特徴です。

「浴衣」の名前は、平安時代に沐浴するために使われていた「湯帷子(ゆかたびら)」の略です。
安土桃山時代頃から湯上りに着られるようになり、これが江戸時代に入って庶民が親しむ衣類の一種となりました。

日本独特の風習として、旅館やホテルに寝巻きとして客用の浴衣が用意してある場合が多く、
温泉宿などでは備え付けの浴衣を着用したままで館内施設を利用したり、外出したりもできます。

お風呂温泉用語集「浴衣(ゆかた)」

温泉街と浴衣

温泉街を楽しむには旅館の浴衣を着て出かけることが一般的で情緒もあります。
夕食後のそぞろ歩きが温泉街の楽しみでもあります。
寒い時は丹前を羽織っていきます。
浴衣は温泉街に風情を添えます。

兵庫県の城崎温泉では「浴衣が正装」というユニークなルールがあります。
城崎温泉には7つの外湯※があり、「外湯に行く際は必ず浴衣に着替えること」とされているそうです。
城崎温泉観光協会公式サイト

※外湯(そとゆ)とは、温泉街の宿泊施設を伴わない公衆浴場、日帰り入浴施設のこと。

浴衣で外湯めぐり

外湯めぐりを温泉街の名物としている温泉は、

山形県 上山温泉
福島県 飯坂温泉
長野県 湯田中温泉
長野県 渋温泉
長野県 野沢温泉
新潟県 越後湯沢温泉
静岡県 伊東温泉
兵庫県 城崎温泉
和歌山県 南紀白浜温泉
大分県 別府温泉

などがあります。
浴衣を着て外湯めぐりに行くのを目的に旅行を計画しても面白そうですね。

浴衣オプション・特典のある宿

浴衣オプション・特典のある宿は、

静岡県 伊東温泉 「青山大和館」
神奈川県 箱根 「ホテルグリーンプラザ箱根」
静岡県 修善寺 「宙SORA 渡月荘金龍」
静岡県 伊豆大室 「ニッポニア高原宿 夢海月」
静岡県 伊豆下田 「下田大和館」
静岡県 網代 「時間を旅する宿 海のはな」
群馬県 草津 「昔心の宿 金みどり」
群馬県 伊香保 「心に咲く花 古久家」
栃木県 湯西川 「彩り湯かしき 花と華」

などです。
たくさんの浴衣の中から自分の好きなデザインの浴衣を選んだりすることができます。
女性に人気のオプション・特典です。

日本ならではの浴衣を着て、日本ならではの温泉街を情緒豊かに楽しみましょう。

温泉旅館を探すならこちら
  • Google Adsense 468×60



  • タグクラウド(人気のカテゴリ)

  • お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムお風呂応援隊隊長 毎川 直也コラム

    ⇒お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムをもっと見る

    銭湯リレーインタビュー銭湯リレーインタビュー

    ⇒銭湯リレーインタビューをもっと見る


    うちの内風呂うちの内風呂

    ⇒うちの内風呂をもっと見る

    お風呂・温泉トリビアお風呂・温泉トリビア

    ⇒お風呂・温泉トリビアをもっと見る


  • PR

  • ログイン

  • SNSログイン

  • 会員メニュー

  • 無料会員登録してキャラクター素材ゲット

  • メニュー

    23区銭湯

    PR

    おすすめ特集

    おすすめ特集日本お風呂温泉倶楽部のオススメ

    カピバラ湯太郎の湯の付くまちめぐり
    うちの内風呂 温泉地と歴史上の人物 お風呂・温泉用語集

    月間人気ページ

    月間人気記事

    銭湯経営者リレーインタビュー

    facebook

    温泉と浴衣

    ページトップへ