源泉掛け流し温泉とは

源泉掛け流しが注目されるようになった理由

古くからの温泉の利用形態は、自然に湧いてくるお湯にそのまま浸かるというものだったので、当然どの温泉も源泉掛け流しの状態が普通でした。したがって源泉掛け流しかそうでないか、ということは全く考えられてこなかったのです。なんと贅沢なことでしょう!

循環風呂というものが登場した以降も、温泉施設において「源泉掛け流し」かそうでないか、ということはあまり注目されませんでした。むしろ源泉掛け流しの場合、源泉を有効に使っておらず、貴重な源泉自体を無駄に垂れ流しているということから、良い印象すら持たれていなかったのです。

しかし、2000年頃から日帰り入浴施設などに設置された循環風呂設備内において、レジオネラ菌(主に肺炎を引き起こすと言われている)が大量に繁殖し、それによって多くの方々が亡くなるという事件が頻発しました。その出来事がきっかけになり、やはり昔ながらの温泉形態である、源泉掛け流しのスタイルが再び注目を浴びるようになりました。

源泉掛け流しの見分け方

源泉掛け流しの簡単な見分け方は、湯船に注がれた源泉が、そのまま湯船から溢れ出ているか出ていないか、ということです。 湯船に注がれた源泉が、湯船から溢れ出ている場合は、源泉掛け流しということになります。

反対に、湯船に源泉が注がれているのにも関わらず、湯船からあまり源泉が溢れ出ていない状態の場合は、循環風呂ということになります。 この他にも、湯の花の浮遊の有無や、色・匂いの濃さなどによっても判別できます。

しかし源泉によっては無色透明・無味無臭、湯の花が無いなどの種類もあるので、通常の場合、湯口から注がれた湯量と、湯船から溢れる源泉の湯量のバランスによって判断します。 (注:浴槽の構造によっては、源泉掛け流しでも湯船から源泉が溢れ出ない場合もあります。この場合というのは、湯船の中に排湯管を立て、そこから排湯を行うというものなので、循環風呂と同じように湯船から源泉はあまり溢れ出てはきません。)

循環方式を採用する施設でのレジオネラ菌の繁殖等と併せて問題になったのが、温泉入浴施設における入浴剤の使用や、ただの水道水を温泉と偽ったり、加水しているのにも関わらず「源泉100%」とするなどの不当表記が社会問題になりました。

それらを受け、2005年には温泉法施行規則が改正され、温泉を使用する入浴施設に掲示する温泉分析書に、「加水」、「加温」、「循環ろ過装置の使用」、「入浴剤・消毒剤の使用」の項目を明記することが義務付けられるようになりました。これらの記載を確認することによっても、源泉掛け流しか循環風呂なのかを判別することが可能です。
  • Google Adsense 468×60



  • タグクラウド(人気のカテゴリ)

  • お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムお風呂応援隊隊長 毎川 直也コラム

    ⇒お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムをもっと見る

    銭湯リレーインタビュー銭湯リレーインタビュー

    ⇒銭湯リレーインタビューをもっと見る


    うちの内風呂うちの内風呂

    ⇒うちの内風呂をもっと見る

    お風呂・温泉トリビアお風呂・温泉トリビア

    ⇒お風呂・温泉トリビアをもっと見る


  • PR

  • ログイン

  • SNSログイン

  • 会員メニュー

  • 無料会員登録してキャラクター素材ゲット

  • メニュー

    23区銭湯

    PR

    おすすめ特集

    おすすめ特集日本お風呂温泉倶楽部のオススメ

    カピバラ湯太郎の湯の付くまちめぐり
    うちの内風呂 温泉地と歴史上の人物 お風呂・温泉用語集

    月間人気ページ

    月間人気記事

    銭湯経営者リレーインタビュー

    facebook

    源泉掛け流し温泉とは

    ページトップへ