富士山と銭湯

銭湯といえば富士山?

大田区羽田の銭湯「重の湯」の富士山

「銭湯には富士山の壁画」というほど富士山の壁画は銭湯において象徴的なものです。

いつから富士山が採用されたのか知っていますか?
なぜ富士山なのでしょうか?
どうして全国的に広まっているのでしょうか?


銭湯の壁画の歴史

杉並区の銭湯「小杉湯」の富士山

東京千代田区猿楽町に「キカイ湯」という銭湯がありました。
キカイ湯は明治17年の創業で、当時としては最先端の施設を導入した銭湯でした。

このキカイ湯が増築することになり、その際に「風呂嫌いの子供も銭湯に来てくれるように」と
壁に絵を描いたことが発祥とされています。


なぜ富士山なのか?

大田区の銭湯「久が原湯」の富士山

キカイ湯増設の際、壁に絵を描くよう依頼されたのが静岡県出身の画家 川越広四郎でした。
生まれ故郷の風景・日本人の美的感覚をくすぐるような題材として富士山が選ばれました。

当時、実物以外に「富士山の大きな絵」を見たことがある人は少なく、
キカイ湯の壁画は物珍しさと富士山に対する日本人独特の憧れから話題となりました。


どうやって全国的に広まったのか?

中野区の銭湯「天神湯」の富士山

キカイ湯の壁画が話題になり、目を付けたのが広告代理店でした。

代理店は銭湯の近所の店から広告料を集め、その広告料で銭湯へのサービスとして壁画を描きます。
壁画の下には広告主の宣伝を入れて完成です。

テレビ・ラジオが普及していない中、「誰もが行く」「多くの人が集まる」銭湯は広告効果が絶大でした。
銭湯の壁画を専門に描く絵師も数十人いて、1日数件の銭湯を巡って絵をかいていたそうです。

広告代理店の参入により、銭湯の壁画はメジャーなものとなりました。

  • Google Adsense 468×60



  • タグクラウド(人気のカテゴリ)

  • お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムお風呂応援隊隊長 毎川 直也コラム

    ⇒お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムをもっと見る

    銭湯リレーインタビュー銭湯リレーインタビュー

    ⇒銭湯リレーインタビューをもっと見る


    うちの内風呂うちの内風呂

    ⇒うちの内風呂をもっと見る

    お風呂・温泉トリビアお風呂・温泉トリビア

    • お風呂家電事情 お風呂と家電 現代人にとって、お風呂は「体を洗う場所」でもあ…
    • 生姜湯(10月の季節湯) 生姜の香りには、食欲を増進させる効果があるといわれています。…
    • 柚子湯(12月の季節湯) 日本では江戸時代より冬至に柚子を浮かべたお風呂に入ると「1年…
    • 湯温と効果 温度で異なる入浴効果 アツアツのお風呂が好き! ぬるいお風呂…
    • 湯治とは 湯治とは 湯治とは温泉地に長期間(少なくとも一週間以上)滞留…

    ⇒お風呂・温泉トリビアをもっと見る


  • PR

  • ログイン

  • SNSログイン

  • 会員メニュー

  • 無料会員登録してキャラクター素材ゲット

  • メニュー

    23区銭湯

    PR

    おすすめ特集

    おすすめ特集日本お風呂温泉倶楽部のオススメ

    カピバラ湯太郎の湯の付くまちめぐり
    うちの内風呂 温泉地と歴史上の人物 お風呂・温泉用語集

    月間人気ページ

    月間人気記事

    銭湯経営者リレーインタビュー

    facebook

    富士山と銭湯

    ページトップへ