地域別銭湯事情

関東地方の銭湯事情

宮造り銭湯

東京の銭湯はお寺や神社のようないわゆる「宮造り」の銭湯が多くみられます。
関東大震災後、東京オリンピックの頃まで宮造りの銭湯が多くつくられました。
関東大震災にて多くを消失した中、多くのお客さんに来てもらえるように…と宮大工が銭湯を建設したのが始まりです。
正面玄関の唐破風、細かな彫刻を施した兔毛どおし、本瓦葺き、格天井…など豪華な外観・内装が特徴です。


北海道・東北地方の銭湯事情

北海道函館市にある湯の川温泉銭湯「大盛湯」

明治時代以降、文明開化の先端を行った北海道ではモダンな洋風建築の銭湯が多くみられます。
2重構造の入り口、瓦屋根ではなくトタン屋根など、寒い地方・豪雪地域特有の建築方法をとっています。
他地域と比べると、東北地方の銭湯は小規模なものが多いとされています。


関西地方の銭湯事情

戦災を逃れた地域が多いため、昔からの姿を残しているような銭湯が多いのが特徴です。
大阪とその周りの銭湯では浴槽の外側に「踏み込み」と呼ばれる低い階段があることが多いといわれています。
この「踏み込み」は座って体を洗ったり、湯を汲む場所として使われています。
また、「四角い脱衣かご」も関西地方の特徴です。

九州地方の銭湯事情

九州は温泉が多いため、銭湯でも温泉を利用したものがあります。
「家族風呂」という貸切のシステムも多くみられます。
温泉を利用しているので、銭湯には煙突もありません。
南に下るほどオープンなつくりとなっており、沖縄の銭湯には脱衣所と浴室の間に戸がないものもあります。
  • Google Adsense 468×60



  • タグクラウド(人気のカテゴリ)

  • お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムお風呂応援隊隊長 毎川 直也コラム

    ⇒お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムをもっと見る

    銭湯リレーインタビュー銭湯リレーインタビュー

    ⇒銭湯リレーインタビューをもっと見る


    うちの内風呂うちの内風呂

    ⇒うちの内風呂をもっと見る

    お風呂・温泉トリビアお風呂・温泉トリビア

    ⇒お風呂・温泉トリビアをもっと見る


  • PR

  • ログイン

  • SNSログイン

  • 会員メニュー

  • 無料会員登録してキャラクター素材ゲット

  • メニュー

    23区銭湯

    PR

    おすすめ特集

    おすすめ特集日本お風呂温泉倶楽部のオススメ

    カピバラ湯太郎の湯の付くまちめぐり
    うちの内風呂 温泉地と歴史上の人物 お風呂・温泉用語集

    月間人気ページ

    月間人気記事

    銭湯経営者リレーインタビュー

    facebook

    地域別銭湯事情

    ページトップへ