毒沢温泉(毒沢鉱泉)(どくさわおんせん)

ゆかりの人物:武田信玄
場所:長野県諏訪郡下諏訪町

450年前の永禄年間に武田信玄が金発掘の際、怪我人の治療に利用したと伝えられています。
「毒が流れる沢」を意味する名称は、外敵にこの温泉が知られないように信玄自らが名付けたといわれています。
温度の低い鉱泉であることから、毒沢鉱泉とも呼ばれています。
  • Google Adsense 468×60



  • タグクラウド(人気のカテゴリ)

  • お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムお風呂応援隊隊長 毎川 直也コラム

    ⇒お風呂応援隊隊長 毎川 直也コラムをもっと見る

    銭湯リレーインタビュー銭湯リレーインタビュー

    ⇒銭湯リレーインタビューをもっと見る


    うちの内風呂うちの内風呂

    ⇒うちの内風呂をもっと見る

    お風呂・温泉トリビアお風呂・温泉トリビア

    ⇒お風呂・温泉トリビアをもっと見る


  • PR

  • ログイン

  • SNSログイン

  • 会員メニュー

  • 無料会員登録してキャラクター素材ゲット

  • メニュー

    23区銭湯

    PR

    おすすめ特集

    おすすめ特集日本お風呂温泉倶楽部のオススメ

    カピバラ湯太郎の湯の付くまちめぐり
    うちの内風呂 温泉地と歴史上の人物 お風呂・温泉用語集

    月間人気ページ

    月間人気記事

    銭湯経営者リレーインタビュー

    facebook

    毒沢温泉(毒沢鉱泉)

    ページトップへ